田舎に居ながら都心のノウハウを田舎風にアレンジできるのもウェブがあるから

0 Comments

田舎で暮らす田舎で事業をする。
とした場合に必ずしも田舎の人だけをターゲットにすると言うことでは無いはずです。

ウェブと言うものは地域を飛ばして海外の人にでさえ情報を伝えることができる便利なツールです。

今YouTubeの動画などで例えば田舎の生活をただ切り取って黙々と作業しているだけと言う動画でも再生数が伸びていると言う実情があります。

それは何故かと言うとその田舎の生活っていうのは都心の生活としてはありえない位目新しいものであるからです。

田舎に住む人たちからすればそんなもの見てどうするんだよと言うような気持ちになるとは思いますが田舎の人が都心の動画を見たいと言うのと一緒で、都心の人は田舎の人の動画を見たいと言うような授業が発生していくわけです。

その心は何かとなると目新しさですね。

誰に何の情報をどう伝えるのかと言うホームページをウェブでの考え方がそのまま適用された良い例だと思います。

と言うことであればもし田舎のお店と言うものがあるのであれば都心がやってるような内容のサービスって言うものを1分いなか風にリニューアルしてそれを自分味のテイストに切り替えてサービスや商品として作るそしてそれをウェブで紹介すると言うふうにすれば田舎にいても都心の雰囲気を田舎で過ごしている人に売ると言うことができると言うわけです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。