田舎だからできるサービスをウェブで発信していく

0 Comments

田舎の人口が少ない街や市町村でもホームページがあれば他県や全国からお客様を集めると言う事は可能です。

その根拠と言うものは何かと言うと基本的にウェブサイトやホームページウェブ情報で目立つと言うふうになる場合、いわゆるよく言われるバズると言うような言い方だったりもしますけれども、それと言うのは内容がいろんな人の心に刺さるもしくは大手のメディアに紹介されるきっかけになるって言うような構図があるからです。

と言う事はどこにでもあるような誰でも知ってるような何の変哲もないようなものに誰もバズったりする事は無いわけです。

と言う事はあなたがどういう風な事業をしてどういう風な表現をしてどういう風に伝えてでそれを価値をどのように伝えるのかと言うようなことをしっかり考えて事業を設計しサービスを決めて値段を決めてそしてお客様とのやりとりを大事にすると言うことを続ければ良いと言うことになります。

ただしそれを口コミだけで広げようとした場合にその口コミの広がり方と言うのはやはりゆっくりになってしまいますのでその場合に例えばSNSを使ったりホームページやウェブサイトを使ったりと言うようなことをしっかり絡めていくことによってその拡散するスピードを上げていくと言うわけです。

だからこそ田舎の地域でしかできない都心の狭いお店やゴミゴミ強いような感じの都心の所ではできないサービスと言うものを田舎で提供するって言う風なことを考えれば良いわけです。

何も田舎だから都心の真似すれば良いと言うわけではなくて田舎だからしかできないって言うなことを探すと言うこともより生き抜いていくチャンスがあると言うわけです。

そしてその田舎だからこそできるということをウェブを使って都心のお店でやってるような感じで広げていくと言うふうにすれば田舎だろうとどこだろうとお客様が認知してくれればお客様として来てくれると言うわけですね


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。